イスラム国とスピリチュアル

↓ランキングクリックご協力お願いします。

イスラム国とスピリチュアル

イスラム国とスピリチュアルの関係。

今年初め、イスラム国が話題になりました。

あの映像を見て、イスラム国がスピリチュアルだ、と思う人はいないでしょう。

むしろ、「宗教」のイメージが強いのではと思います。

「スピリチュアル」のイメージは、「宗教」とは異なるということです。

 

スピリチュアルに詳しくない人でさえ、イスラム国のような残虐な団体は、「違う」ということがわかります。

スピリチュアルの本質は、【善】ということですが、スピリチュアルに詳しくなくても、それくらいはなんとなく分かるのですね。

 

全然スピリチュアルでないイスラム国 

イスラム国は、イスラム教を掲げてはいますが、イスラムの本質(=スピリチュアルの本質)とは全くことなる性質です。

表面的な言葉だけを取り出し、勝手に解釈した結果、本質はゆがめられるのですが、この極度なパターンが、イスラム国のようなテロリストなのです。

 

ほとんどすべての宗教は、元々の教えをゆがめています。

これは、一般に理解してもらうためには、ある程度仕方のないことです。

なぜなら、本質部分は非常に高度で、難解で、理解しづらいからです。

 

加えて、宗教も人間がやっていることですから、教義・ルールが優先され、スピリチュアルの本質を見失ってしまう、ということが起こってきました。

会社でさえ、創業者の高い理想を、平社員にまで浸透させるのは無理な話です。

どうしても、途中で誤解やゆがみが生じ、社長の知らないところで、本質(理念)よりも文字化されたルール優先、ということになりがちです。

宗教組織も、同じ構造です。

 

スピリチュアルから外れた宗教

話を戻すと、こうした誤解に基づくルール化が進みすぎると、イスラム国のような極端なことも起こる、ということなのです。

まともな宗教は、スピリチュアルの性質である愛を説いています。

にもかかわらず、それを忘れて、自分の解釈のルールを絶対にしてしまうんですね。

 

宗教と呼ぼうが、スピリチュアルと呼ぼうが、同じ事です。

元の教えをゆがめる、このことが起こる限り、イスラム国がなくなっても、第二第三のイスラム国は現れます。

 

これはどこの文化でも起こっていることです。

が、イスラム圏でコレが多いのは、そもそもイスラム圏の文化自体が、かなり元の教えからのゆがみが大きいためです。

イランやサウジアラビアの法律を見れば、明らかです。

子供の頃から、「異教徒は殺せ」と教えられているのでは、次なるイスラム国の台頭を防ぐのは、ほとんど無理でしょう。

 

スピリチュアルでありたいと願う私たちにできるのは、自らを救うことです。

イスラム国をなんとかしようとしなくていいです。

イエスが教えたように、「悪を避ける」ということを、意識しておかねばなりません。

批判するのではなく、単に避けるのです。

批判もまた、悪(ネガティブ)であると、思い出しましょう。

本当のスピリチュアルの性質を、ここにまとめました。

LINEで送る
Pocket

 

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】プレゼント!

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたははるかに効率的に波動を上げ、引き寄せ力を高めることができます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、生活に取り入れて下さい!

※活用するためのメール講座をお届けします。

メールアドレスを入力してください。
 

 

↓ランキングクリックご協力お願いします。

コメントを残す