スピリチュアルとなんとか星人

↓ランキングクリックご協力お願いします。

スピリチュアルとなんとか星人

スピリチュアルを調べていると、ナントカ星人がでてきます。

2種類あるので、順番に説明します。

 

●●星人ですが地球にきてます系

これは完全に宇宙人を名乗っているやつで、別の星にいたけど、目的があって地球へやってきました、というもの。

結論から言うと妄想です。

そんな人は一人もいないことは、キネシオロジーテストで検証済だからです。

 

オムネク・オネクという金星人の本を読んだことがあります。

幼い頃、特殊な乗り物で金星から地球に送り込まれ、地球の家族の下で育つ。

最初は地球の言語体系になれるのが大変だった。

いまでは地球になれて、金星語も地球語も使える。

霊的な真実を伝えるため、活動している。

といった感じです。

こういう本は腐るほどあります。

 

ファンタジーとしてはおもしろいですが、残念ながら完全に精神病的な妄想です。

ただ金星人だと言うだけなら、変人で済みますが、彼女は霊的真実をゆがめて語っているため、悪霊に取り憑かれた状態です。

ネガティブな存在は、このように人に憑依して、人を惑わすことがよくあります。

これが彼らの仕事だからです。

 

前世は●●星人でした系

2種類目。

たとえば前世は火星人で、地球の目覚めという素晴らしい目的を持って転生してきた、とかいう感じ。

こういう「星の子たち(スターピープル、スターチルドレン)」が他にもたくさんいて、転生した時期によって、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンと呼ばれたりしています。

これ系はメチャメチャ流行っています。

 

ハッキリ言ってしまいますが、そんな人はいません。一人もいません。

これも検証済です。

 

具体的には、プレアデス、バシャール系です。

これらは別の惑星の存在(宇宙人)で、「太陽系の進化を促す」といった目的で来ていると主張します。

宇宙にはアヌンナキという悪い宇宙人もいて、彼らに対抗しながら地球を守っているといいます。

キーワードはアセンション。

地球が五次元(または別の表現)へ移行することです。

もしくは解釈を変えて、一部の人が三次元の形をとったまま精神的にアセンションする、と言ったりもします。

 

火星とかが核爆発で住めなくなり、最終的に地球へ移動させた。

当時はアトランティスが繁栄していた。

聖母マリアなどは前世でここにおり、霊的修養をしていた。

アトランティスはクリスタルテクノロジーに溺れて崩壊した。

しかしあなた方の一部はまた転生し、進化を続けている。

という感じのストーリー。

 

どっぷり使っている人には残念ながら、これはただのファンタジーです。

おもしろいですが、要はSFです。

 

知らない人には不思議でしょうが、これをガチで信じている人たちが何万人もいます。

発端はプレアデス星人のチャネラーで、表面的にいいことを言っているので、引き込まれたのでしょう。

ガチ信者が広めたので、いまでは日本でも、スピリチュアル系で幅をきかせ、至るところに種をまいています。

エネルギーワーク系(ブロック解放とか)で、とくに多くみられます。

 

いいこと言ってるならいいじゃないかと、思うかも知れませんが、問題はその先です。

(自称)宇宙人の目的は、彼らの世界に引き込むことであって、スピリチュアルな成長を促しはしない、ということなのです。

ようするに詐欺師です。

エネルギー的に彼らとつながりをもつことになるので、抜け出すのは容易ではありません。

 

気をつけなければならないのは、これ系をベースにヒーリングとかをやっている人たちが、別に悪い人じゃないということです。

あからさまに悪人なら、関わりません。

善人、または善人面をしているから、区別が付かないのです。

カルト信者と同じで、彼らもまた被害者であるということです。

 

なお、こういう宇宙人系の話は、「スピリチュアル」ではなく「アストラル」です。

アストラルとは、精神が属する領域のことで、先祖や他の霊たちもこの領域にいます。

単に、別の世界ということです。

対して、本来のスピリチュアルとは、別世界・別領域のことではありません。

無限にある世界・宇宙を超えた話なのです。

 

ナントカ星人に関して勧められること

2千年以上前からこのような危険性が知られているため、伝統的宗教では、霊媒師(チャネラー)の類いは退けてきました。

魔女狩りの時代もありましたね。

殺す必要はありませんが、あなたがまともでいたいなら、そして霊的に成長したいなら、こういうのは避けるべきです。

 

好奇心があるのはわかります。

もしかしたら何かいいことも言ってるかも知れない、というのもわかります。

しかし、目の前に、金塊と、金が入っているかも知れない鉱石を並べられて、「どっちかあげるよ」と言われたとき、あなたはどちらを選ぶのでしょうか?

明らかに金なほうを選んだほうがいいですね。

 

わざわざ、「入ってるかも知れない」方を選ぶ理由がないからです。

金を削り出すこと自体が大変です。

では、金塊はどこにあるのか?

それは図書館にもあるくらい当たり前に、地球に存在しています。

わざわざ宇宙を探さなくていいのです。

 

というわけで、余計なものに関わらないでください。

百害あって一利なしです。

本来のスピリチュアルの原則は、こちらをご覧ください。

では。

LINEで送る
Pocket

 

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】プレゼント!

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたははるかに効率的に波動を上げ、引き寄せ力を高めることができます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、生活に取り入れて下さい!

※活用するためのメール講座をお届けします。

メールアドレスを入力してください。
 

 

↓ランキングクリックご協力お願いします。
7 comments on “スピリチュアルとなんとか星人
  1. akiko 2015年6月4日 6:56 PM

    江上さん、はじめまして。
    私も自称ヒーラーから「スターチャイルドではないか」と言われたことがあります。
    理由は争い事が嫌いだから。
    自称ヒーラー自身も「自分は金星人の魂を持っている」と自称しており、アセンションと言う言葉を常に口にしていました。
    「古代エジプト時代のツインソウル」とか「五次元世界に遊びに行った」とか「竜に変身して地球をヒーリングしてきた」とかわけのわからないことを言ってきました。
    自称ヒーラーの発言に頭が痛くなって、縁を切ろうとしたら、「可哀想」と勝手に憐れんできました。
    ちなみに自称ヒーラーの取り巻きも「パラレルワールドでは宇宙船の司令官なのよ」と言っていて、縁を切ろうとした私を「幻想を見ている」と非難していました。
    可哀想なのも幻想を見ているのもあなたたちだと怒ってやりたいです。

  2. akiko 2015年6月8日 5:27 PM

    江上さん、はじめまして。
    私も以前自称ヒーラーの人に「宇宙人の魂を持っている」と言われたことがあります。
    そのヒーラーの人自体も「金星人の魂を持っていて、古代エジプト時代からツインソウルがいるの。」と言っており、「アセンション」・「五次元」を口癖のように言っていました。
    また、「宇宙の会」なる怪しい集まりに私を誘ってきました。
    お母さんのおかげで、行かずに済みましたが・・・。

    その自称ヒーラーの取り巻きには、パラレル世が宇宙船の司令官だと自称する人もいました。
    その人は、宇宙船の司令官のメッセージをおろしていたりもしました。

    本当におかしな人たちだったなぁ。

    • 江上知幸 2015年6月17日 6:53 PM

      大変でしたね・・・
      目を覚ますべきなのはそちらのほうなのに^^;
      取り込まれずによかったです。

  3. まゆみ 2016年2月12日 4:08 AM

    そういうのってどうやって検証するんですか?

    • 先濵希 2017年1月14日 6:16 PM

      キネシオロジーテストという筋肉反射テストだそうです。詳しくは江上さんの他のブログに乗っていると思いますので、探してみると良いですよ。

  4. 先濵希 2017年1月14日 6:13 PM

    確かに、魔女狩りをしていた人達のした事も、いくら殺人がいけないとはいえ、江上さんのお陰でわからなくもなくなりました。私はこうした系には出会っていませんが、ブログなどで少しだけ見た事があります。見た当初は少し騙されましたが、また、江上さんのお陰で目が覚めました。江上さん、本当にありがとうございます!江上さん・デヴィッド・R・ホーキンズ・その他皆様、そして至高の神様に感謝です!

    • 江上知幸 2017年1月27日 5:54 PM

      良かったです!

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません

以下のHTMLタグなどを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>