★どんな事にもレベルがあるのか?

この記事は2分で読めます

頂いていた質問から

ーーー
私が一人キネシで実験していた時の事です。

私が「セルフイメージにもレベルはありますか?」
「セルフイメージのレベルは、
人間界ではどれくらいのスケールですか?」
と質問した所、

「セルフイメージにも意識レベル同様レベルがあり、
人間界では意識レベルと同じく0~1000まである。
また、そのスケールを意識からセルフイメージに置き換える、
つまり、意識と定義されていないものにも、
例えば臭い等にもレベルスケールはある」との事でした。

確かに一人キネシでは信頼性は低いですが、
これには私も納得がいきます。

何故なら、パワーかフォースかで
「あの人の技術レベルは?」というカ所等を鑑みるに、
デヴィッド・ホーキンズ博士も既に、
この事に気付いていたのではないか?と思ったからです。

ただ、意識レベルさえ高ければ魂は天国に行けるから、
それ以外は話さなくて良い、
省いて良かったとホーキンズ博士は思ったのでしょう。

そこで、江上さんに依頼したい事があります。

江上さんの二人キネシで、
この事が正確であるかを確認して頂きたいのです。

出来ればで良いので、どうか、お願いします。

ーーー

これは、
キネシオロジーテストで確認するまでもないです。

現象世界の全ての物事には
「レベル」があります。

それは、

温度や、砂糖水の濃度、
あかりの強さなどとおなじです。

語学の習熟度や、
セルフイメージなどについても、

「ものさし」さえ用意すれば
はかれるということです。

意識レベルというものさしが
ほかのものさしと決定的に違う点は、

従来の科学では測定自体が不可能だった
意識そのものの指標である点です。

これは今のところ、

正確に行われた
キネシオロジーテストによってのみ可能です。

波動測定器とか、
いろんな機械で測ってるところは
ありますが、

原理的に不可能ですので
だまされないでください。

キネシオロジーテストをするには、
意識レベル200以上などの条件を満たした、
生きた人間とその筋肉が必要です。

余談ですが、

麻酔状態にした被験者の
不随意筋を使うテスト法もあります。

まともな科学は
ここまでやるからまともだということを

わかってほしいなと思います。

わかれば、
世の中の情報のほとんど、

特に「危険な食べ物」に関する
情報にふりまわされることはなくなります。

発ガン性物質とかですね。

あんなものは
ほとんどがまともな科学研究ではなく、

まして、一般におりてくる情報は
メーカーやマスコミやなんとか団体にとって
都合の良い部分だけ
切り貼りして騒いでるだけですからね。

大衆はそういうのが好きなので
部数や視聴率が稼げます。

単にそういうことであって、
真実かどうかは別問題ということ。

なお、

デヴィッド・ホーキンズ博士が
伝えてくれたことに触れるほど、

高確率で意識レベルが上がりますが、

それはつまり
賢くなる、ということも意味します。

より広い視野、より高いコンテキストで
ものごとを観れるからです。

いっぱい考えるよりも、
「お勉強」するよりも、

はるかに効率的で
ダイレクトな波動アップ法は、

高波動のものに触れ続けることに
尽きるからです。

なので、

できるだけ触れてほしいと思い
わかりやすくまとめて
10年前から伝えています。

Thank you! Please Share this:

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログランキング応援お願いします

翻訳

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※江上からのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top