★Q&A:自分の意識レベルを測ってもらったのですが、正確ですか?

↓ランキングクリックご協力お願いします。
Q: いつもメルマガをありがとうございます。 まだ、いただき始めてから日は浅いのですが、 拝見しています。 さて、質問をさせていただきたいのです。 意識レベルについてです。 ある方に意識レベルを測っていただくこと2回。 一年前くらいと今月です。前回よりも 6ポイント上昇したという結果をいただきました。 意識レベルのヒエラルキーの表を見て表の内容は知っています。 ただ、この意識レベルの結果の数値は、誰が測っても同じでしょうか また、測る方法などは一つでしょうか? 現在いただいている数字を信じてよいものでしょうか? ちなみに私の結果の数値は、 二回とも600を少し超えた数字でした。 600を超えると「悟りの境地」のようなので、 少し懸念が出たところです。 自分を一番自分がしっているので。 昨年秋に還暦を迎えましたが、幼い頃から神様の存在や、 人智を超える何かが存在していることを理由なく信じています。 何かとスピリチュアル的な60年を歩いてきています。 質問の場なので、 いずれいつかお伝えする時があるかもしれないので、 この場では質問だけにします。 長くなりましたが、意識レベルの計測の仕方と信頼度への質問でした。 ご回答いただければ幸いです。 季節柄ご自愛ください。 ありがとうございました。 — A: まず、意識レベルはヒエラルキーではありません。 単なる「違い」です。 ヒエラルキーというのは、 優劣の概念からくるものです。 縦になっているから、 勝手にそう思い込む人が実に多いのですが、 横向きにしてみてください。 右に、左に、してみてください。 優劣などありません。 さて、ご質問ですが、 1.この意識レベルの結果の数値は、 誰が測っても同じでしょうか 違います。 ちゃんと手順通りの 「キネシオロジーテスト」で測定できてはじめて 誰が測っても同じとなります。 これは科学実験と同じですから、 慣れてない素人が、 半分こわれた装置で測っても、 まったく無意味な測定です。 そんなデータを堂々とだしてきたら、 大学の学生実験なら、 先生に叱られるどころか、 「こいつまるで向いてないアホ」 「試験受かっただけのバカ」と、 愛想尽かされるレベルです。 手順通りの キネシオロジーテスト以外の手法では、 意識レベル測定は 定義上、すべてムダな測定結果です。 「波動測定器」など、もってのほかです。 そもそも、 デヴィッド・ホーキンズ博士は レクチャーの中で、 他人の意識レベルを測らないようにと、 話しています。 日本で 意識レベルや博士を持ち出している人達は ほぼ全員、原著どころかレクチャービデオも 見ていないのは明白です。 2.また、測る方法などは一つでしょうか? 上記で言ったように、 いまのところ人類が持っているのは、 キネシオロジーテストのみです。 3.現在いただいている数字を 信じてよいものでしょうか? ダメですね。 理由は、 ・まったく信頼に値しないデータであること ・そもそも意識レベル600以上は悟りの領域なので、 ご自身が悟っていると分かっていない時点で、 完全に誤り です。 「ちなみに私の結果の数値は、 二回とも600を少し超えた数字でした。 600を超えると「悟りの境地」のようなので、 少し懸念が出たところです。 自分を一番自分がしっているので。」 こう仰る(真の意味で)謙虚な姿勢は 宝ですので、大切にしてください。 以上の根拠はすべて、 デヴィッド・ホーキンズ博士の著書と レクチャービデオやCDにあります。 日本語では、 訳が悪すぎですが「パワーかフォースか」、 こちらは名訳の「わたしー真実と主観性」 を、ちゃんと読めば、 上で書いたことが納得出来るはずです。 というわけで、 現在、そして将来も、 不特定多数に対し (霊的リーダー以外の) 特定人物の意識レベルを測ります、 というサービスは、 すべて、 中身が何もわかっていない エセスピリチュアルであると理解してください。 彼らは、 そもそもの情報源である デヴィッド・ホーキンズ博士の教えを 理解していないのですから。 どんなことにせよ、 何かを掲げて語るなら 元の情報源くらい、 チェックしてほしいものです。 まあ、そのサービスの場合は 意識レベル600の意味が分かってないので、 日本語すら不自由なのですが・・・ おバカ先生たちには、 気をつけてね^^;
LINEで送る
Pocket

 

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】プレゼント!

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたははるかに効率的に波動を上げ、引き寄せ力を高めることができます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、生活に取り入れて下さい!

※活用するためのメール講座をお届けします。

メールアドレスを入力してください。
 

 

↓ランキングクリックご協力お願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません

以下のHTMLタグなどを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>