キネシオロジーテストで焼き芋!?

この記事は1分で読めます

こんばんは。

キネシオロジーテストを使って
焼き芋を焼きました。

ホイルを開けて確認する
必要がありません。

 

アルミホイルでまいて、

灯油ストーブの上で暖め。

 

イモのデンプンが、

βデンプンから
αデンプンに変わった率を測ってみました。

あとは、

理想の焼き加減を思い描いて
その状態に達しているかどうかで、

テストしました。

 

結果、

ホクホクで
なかなかいい具合に焼けていました。

中がちょっとまだ固かったですが、

これは理想のイメージングが
よくなかったですかね。

 

理想的な焼き芋を定義する
要素がわかれば、

バッチリのホクホク具合になりますね。

 

真実は何一つ、

隠されていません。

こんなことにも使える
という例でした。

 

キネシオロジーテストは極めて実用的です。

春にまた
習得セミナーしますので、お楽しみに^^

IMG_1009

Thank you! Please Share this:

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング応援お願いします

翻訳

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※江上からのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top