本当に叶う新年の目標の立て方とは?

この記事は2分で読めます

来年の目標は
もう立てたでしょうか?

正月にやっていたのでは
遅いです。

もう新年がはじまっているからです。

 

新年の目標は
年内に決めましょう。

 

で、

立て方ですが、

バタバタした心では
いけません。

 

10〜15分瞑想でもして
気持ちを落ち着かせ、

頭をクリアにしてから、

いったい自分は
どうなりたいのか、

どう在りたいのか、

イメージしましょう。

すべての制約を解き放って
自由に、ありありと想像しましょう。

絵を描いてもいいですね。

 

 

人はつい、

現時点で
実現可能と思える範囲のことしか

目標にしません。

 

それはいい決め方ではありません。

英検●級合格とか、

コーヒーの入れ方をマスターするとか、

いろいろあるでしょうが、

そこからスタートするんじゃなくて、

もっと深いところから
イメージしましょう。

自分がどう在りたいか、が、先なのです。

 

これは深いです。

「在り方」です。

これは言葉にするのは
難しいものです。

感じるものだからです。

 

 

次の一年
どんな感覚を感じていたいのか、

心の中にもぐって、
それを探して下さい。

すると、

思いもよらなかった
インスピレーションが沸くことがあります。

 

「現実的」に考えると
どう考えても不可能に思えるかもしれません。

ですが、

明日どんなチャンスが
やってくるのかすら、

私たちは知らないのです。

 

 

重要なことは、

心から望む状況をイメージして、
それを「忘れない」ことです。

 

こうして

内側からでてきたことを
目標にしましょう。

結果的にそれが、

英検●級合格、
などの、

普通のことであってもかまいません。

 

 

インスピレーションに従って決めたことは、

実現するための方法は
天から与えられます。

イメージすることの力は
それほど強いものなのです。

 

もしあなたが受験生なら、

いますぐ
志望校のホームページを開いて、

写真をダウンロードし、

プリントして壁に貼りまくって下さい。

そこに通っている自分をイメージするんです。

 

こうすれば、

絶対に忘れません。

忘れてしまうから、

人は目標を達成できないのです。

 

財布に
「年収1000万円」と書いた紙を
いれておくのもいいです。

忘れない工夫をしましょう。

まとめると、

・「在り方」から決める
・イメージする
・忘れないように工夫する

です。

 

これが、

絶対に叶う目標の立て方です。

Thank you! Please Share this:

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング応援お願いします

翻訳

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※江上からのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top