★お参りは過小評価され過ぎ

この記事は2分で読めます

お参りとは、結局何か?

 

それがわかれば

自然と行きたくなるでしょう。

 

毎日、毎朝でも。

 

 

しかし世の中は基本、

大衆にウケる話しが主に広まります。

(でないと採算が合わず、届けられない)

 

本質は自分で掴みに行かねば

なかなか与えられないものです。

 

なので、

 

お参りに行くと願いが叶う、

 

とか、

 

友達と初詣いって楽しむものだ、とか、

 

「その程度」

 

の認識しかないとしても

仕方のないことです。

 

 

しかし、

そうではありません。

 

そもそも、

神社やお寺がなぜあるのか?

 

なぜ長いこと継続してきて、

かつ、そうであるべきだと

尽力した先人たちがいたのか?

 

歴史を紐解けば、

一見、クレイジーなまでの努力で

維持されて来ているのです。

 

そこまでする価値が

本当にあるのか?

 

単なる文化を超えた「何か」があるのか?

 

・・・

 

 

結論だけ言います。

 

根拠を話すと、

 

量子力学や非線形力学、

深層心理学や各種宗教への理解などが

当然の前提である、

 

 意識そのものの科学

(スピリチュアリティの科学)

 

について

話さねばならないので、

 

結論だけ言います。

 

 

「お参り=エネルギー補給」

 

です。

 

 

空気と同じように、

人間に必要な目に見えないエネルギーを、

 

神社仏閣教会などは

供給しています。

 

空気よりも精細な、

今の物理学の計器では検出できないレベルの、

 

しかし物資よりも重要で

欠かせないエネルギー、

 

つまり、

 

【生命力】

 

を、供給しているんです。

 

 

これを読んでいる人間のあなたは

生きているわけなので

生命力ゼロではないんですが、

 

お参りは、さらに補給してくれます。

 

「いや、でも別にいま生きてるから

いいんですけど?」

 

みたいに、思うかもですが、

 

食べ物と同じで、

とりあえず生きられるレベルか、

元気いっぱい毎日楽しいレベルか、

 

どっちの健康レベルを望むのかで

お参りを習慣にした方が良いかどうか

変わります。

 

あなたの選択です。

 

 

お参りするという「姿勢」は、

 

祈りであり、

感謝であり、

愛であり、

知恵であり、

力であり、

謙遜さであり、

忍耐であり、

思いやりであり、

 

あらゆる善です。

 

 

それは、

 

究極にして無限の愛である【生命】

そのものの、表現なのです。

 

 

この辺りの細かいことは

何年も前から配っているプレゼントに

書いてあるので、読んで下さい。

 

コメント欄に

リンク貼っておきます。

 

 

では、

 

今日も良い一日を。

 

Adios!!

Thank you! Please Share this:

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログランキング応援お願いします

翻訳

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※江上からのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top