江上の覚悟を話します・・・

↓ランキングクリックご協力お願いします。
今日は 私の覚悟を話します。 私は幼い頃から、 「真実」を探し求めてきました。 子供の頃は聖書を学び、 少年・青年時代は 科学にそれを求めました。   それからビジネスの道に入り、 そこでも何かしらの 真実を求めて 学び、実践しつづけてきました。   ムリしすぎてうつになり、 心理系の本や スピリチュアル系を探りました。   どれもこれも、 進めば進むほど、 気の遠くなるような 長い長い道のりでした。   30年以上かかりました。   そうして ようやく見つけたのが、 デヴィッド・ホーキンズ博士でした。 彼の教えによって、 これまでのすべてが統合され、 もはや以前と同じ人物では いられなくなったのです。   活力をとり戻し、 発信せざるを得ませんでした。   幸いにも、 私が伝えるメッセージを 快く受け取ってくださる 方々があらわれて、 私はひとりではないのだと、 実感しました。   いまでは、 信頼できる仲間に支えられ、 30年以上かけて ついに見つけた真実を、 広める活動を行っています。     私の覚悟は、 これを死ぬまでやることです。   キネシオロジーテストで 判明しているのですが、 そもそも私は、 真実を伝えるために 人間として産まれてきました。   過去の 何回もの人生のなかで、 どれほどそれができたかは わかりませんが、 今では完全に、 真実にコミット (献身)しています。   この、 真実に献身する (身を捧げる) ということの意味、 在り方を、 あなたにも 身につけてもらいたいのです。   それは 本当の幸せへの道です。 道のり自体は 険しい所もあるでしょうが、 その報酬は 究極の、完全な平穏であると、 デヴィッド・ホーキンズ博士を 含めて、古今東西の聖者たちが 語っています。   物事はつねに移り変わる 「諸行無常」という言葉が 表すとおり、 この世界に、 本当の平穏など ありはしないのです。 ここでの平穏は 一時的なものです。   なので、 私たちの 最終的なゴールは、 その境地なのです。     もっとも、 それを目指してゆく プロセスで、 幸せ度は増してゆきます。 これは科学的に 証明済みの事実です。   ウソだと思うなら、 以前から私を知っている人に 聞いてみて下さい。 今の私がいかに 物事に動じないかを。 以前の私がどれほど 錯乱していたかを。 本物に出会えば、 人は変われるんです。   あなたも変われます。 そのきっかけと、 支えを、 あなたに与えたい。 これが、 スピリチュアル大学院を 思いついたときの願いです。   あなたに、 ぜひとも 変化して欲しい。   ためらう気持ちがあるなら、 エイヤっと 飛び込んでみて下さい。   人は、 変化はこわいものです。 いまのままのほうが 何も考えなくて済むからです。   しかし、 いまのまま、 というのはあり得ません。 いつか悲劇がやってきて あなたの心を破壊します。   それを防ぐには、 あなた自身が 成長し、変わるしかありません。   その場所がここだと かけらでも感じるなら、 私についてきてください。 後悔はさせません。 スピリチュアル大学院入学案内 http://1challenger.com/order/GSS2014.pdf 直接開けない場合はこちらから http://1challenger.com/order/gss2014.html     PS 朝晩が冷えてきて 秋っぽくなってきましたね。 寒暖差の激しい セドナを思い出します。 博士に会ってから もう3年なんですね。 詳しい地理もわからず エイヤっと飛行機に乗って、 あとは流れに任せたあの頃でした。 天の計らいで 車で2時間くらいある 会場まで連れて行ってもらえました。 これが、献身の表れです。 スピリチュアル大学院入学案内 http://1challenger.com/order/GSS2014.pdf 直接開けない場合はこちらから http://1challenger.com/order/gss2014.html  
LINEで送る
Pocket

 

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】プレゼント!

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたははるかに効率的に波動を上げ、引き寄せ力を高めることができます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、生活に取り入れて下さい!

※活用するためのメール講座をお届けします。

メールアドレスを入力してください。
 

 

↓ランキングクリックご協力お願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません

以下のHTMLタグなどを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>