奴隷のままか、主人公になるか?

↓ランキングクリックご協力お願いします。
ききたいことが あります。 あなたは 自分の人生の奴隷ですか? それとも主人公ですか? 真実へ献身している人 (身をゆだねている人)は、 自分の人生の主人公です。   決して、 他人の言うことに 振り回されません。 誰がなんと言おうと、 自分の思うとおりに 信じる通りに生きています。   その姿は、 カッコイイです。 輝いています。 オーラがあります。   一方で、 奴隷の人は、 いつもまわりの顔をうかがって ミスやトラブルを怖がり、 なんとか 安直な生き方をしようと、 そればかりに 心を砕いています。   ようするに、 人間関係が 主な悩みです。   真実へ献身すると、 そんなものは 消えてなくなります。   なぜかというと、 それらは実にくだらない、 実体をもたない悩みだった、 ということが わかるからです。 ハートのレベルで 腑に落ちているからです。   なので、 「これを言ったら まずいんじゃないか? 空気を乱すのでは?」 などと考えて、 なにも主張できず、 ガマンしつづける、 なんてことは なくなります。     日本人が、 死ぬ前に後悔すること 第一位は、 「もっと冒険しておけばよかった」 というものです。   たった一度の人生ですから、 やりたいことやらずに どうするんでしょう? やらないなら、 一体何のために 生きてるんでしょう?     でも奴隷は ある意味ラクです。 思考停止してれば いいわけですから。 変わらなくて いいのです。   自分の人生の 舵取りを取り戻すのは、 それなりの覚悟がいります。   誰も命令してくれません。 誰も指図してくれません。 自分で決めなければ ならないんです。   しかし、 その先にある真理は、 主人公は 天に支えられていることを 明らかにしています。   主人公になると、 主人公になっている 人たちが支えてくれます。 応援してくれます。 援助してくれます。   主人公の人は、 基本的に奴隷な人は 相手にしないので、 いま奴隷な人は そんな世界があるのだとは 想像もできません。 しかし、 実際はこうなのです。   主人公には、 どこからともなく 助けがやってきます。 それは 【大いなる愛】であって、 奴隷にも主人公にも 平等に注がれているんですが、 奴隷は自分でそれを シャットアウトしているので、 気付かないのです。     わたしは、 あなたに、 あなたの人生の主人公に なってほしいと願っています。   「自分にもできるだろうか?」 と思うかも知れませんが、 この文章を読んでいる時点で、 脈アリです。   誰も、 偶然には出会いません。 江上の言葉は、 単なる一個人が言っている ことではなくて、 天からあなたへの 【大いなる愛】の呼びかけだと 思ってください。   わたしはそのために、 あなたのもとへ 遣わされているに過ぎません。   「スピリチュアル大学院」は、 知識だけを教えるものでは ありません。   あなたを変える エネルギーをもった、 スピリチュアルな「場」です。     あなた一人ではありません。 【大いなる愛】が あなたをサポートしてくれます。   カケラでも信じられるなら 一緒に歩みましょう。   スピリチュアル大学院の 入学案内ですが、 急ぎでつくったせいか、 わたしの言いたいことや、 あなたがどうなれるのかが、 うまく伝わらない 内容になっています。   なので メールで補っているわけですが、 近々、作り替えます。 スピリチュアル大学院入学案内 http://1challenger.com/order/GSS2014.pdf 直接開けない場合はこちらから http://1challenger.com/order/gss2014.html
LINEで送る
Pocket

 

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】プレゼント!

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたははるかに効率的に波動を上げ、引き寄せ力を高めることができます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、生活に取り入れて下さい!

※活用するためのメール講座をお届けします。

メールアドレスを入力してください。
 

 

↓ランキングクリックご協力お願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません

以下のHTMLタグなどを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>